住宅ローンの金利が下がりそう?

住宅ローンの金利が下がりそう?

しばらく続いた低金利あとだけに、あとは金利は上がるだけとみこんで、去年あたりまで少しずつ上がっていた住宅ローン金利。

変動金利から、固定金利に借り換えたという人も結構いましたね。

しかし、米国発のサブプライムローン問題で、日本も金利をあげずらくなり、逆に長期金利が下がり、住宅ローン金利も下げざる終えなくなりましたね。

もうそろそろサブプライムローン問題も落ち着きか・・・とみせかけては、どーんどーんぶり返してきて、その度に、急激な株価下落、資金の債権への流れ・・・長期金利の低下とつながってきました。

まだ2008年一杯は、日本の金利もあまり上げられない状況下で、住宅ローン金利もしばらく、一定か、少し下げるのではないかという感じできています。

ただ、もっとも、2009年以降といえば、これ以上の下値余地はないわけですから、ここらへんが底としか思えない状態ではあります。

それを考えると賢く無駄をなくすといういみで、今年辺りが、一番住宅ローンを組むのに適している時期では無いかと思われます。

低金利の時に、フラット35住宅ローンで長期固定で借りると非常に有利だと思います。

景気後退や建築着工申請で、不動産価格も下落基調で、どこをみてもチャンス的な感じです。

今年購入して住んで確定申告で住宅ローン控除を受ければ、ちょうどいいかもしれません。

とりあえず、住宅購入を考えている方は、事前審査でもしておくといいかもしれませんね。

2008年1月25日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.knowington.nl/~nobuhiro2/mtos428/mt-tb.cgi/2