保険の見直しで節約

保険の見直しで節約

なんだかんだと値上がりで、しかも給与は増えないという状態で、家計が厳しくなっている状況です。

収入が増えない状況で家計の経費の削減として、保険の見直しをするということを1つの方法として検討する価値があると思います。

余分な補償は切り捨てて、本当に必要な補償だけを手厚くすると、節約できるのではないかと思います。

しかし現代の保険は色々なニーズに適応することを目的にしているので、保険の種類がたくさんあって、商品が細分化していますので、自分で本当に必要なものだけに絞り込んで、余分なものを除くというのは簡単なことではありませんね。

最近は、保険会社の営業マンや窓口ではなく、保険の悩み相談に乗ってくれる、保険を総合的に扱うところがあります。

各社の保険を比較して、自分や自分の家族にあったプランをつくってくれるので、そのように保険総合ショップに保険の相談をしてみるといいと思います。

一昔まえでは、保険と言えば、生命保険という感覚がつよくありましたが、最近は保険に対する考え方も変わってきています。

以前は、一家の稼ぎ手が万一の時に備えて、残された家族を支えるためとして、死亡保険金の額を出来るだけ大きくすることを主体とした生命保険が最も重用と考えることが多かったと思います。

今では、医療の進歩で、癌のような疾病にかかっても、早期ならば完治したり、また5年生存率なども上がっていますし、平均寿命もじょぅしょうしています。

その分、死亡に至るよりも、病気になり医療機関にかかる日数や確率、費用などの方が死亡する場合よりも家計を圧迫することがおおくなっています。

また最先端の治療法補や薬では、健康保険の利かない、ものおおく存在しますので、経済的な理由で最新の治療が受けられないという悲しいこともあります。

そんな状況に備える保険の役割として、院費用や、治療費に備えた医療保険で備えることが重要になってきたのは、当然の結果だと思います。

死亡後ではなく、本人や、看護する家族が万一の疾病の時にも、十分や治療や生活ができるような、補償を一番重要な備えと考えるのが、自然な方向性だと思います。

もっと細かい補償に保険はなってきていますね。

たとえば、死亡原因の第一位となっているがんに特化した、がん保険が登場し誰もがおそれる癌に対する治療の備えるためのものです。

更には、乳ガンなど特に女性特有のがんを対象とした女性がん保険という保険の特約などで付加するなどのタイプもあります。

この女性がん保険は、がんの治療費や入院費用だけでなく、がんになった場合の色々な補償に備えるものです。

具体的に分かりやすく説明すると、乳ガンは、大切な乳房を奪ってしまうことがありますね。

女性がん保険では、乳房の再建手術などの美容整形手術や、かつらの費用なども補償の内容としています。

また、お子さんが小さい家庭の場合の女性のためには、治療中の保育費用の補償まで対応しているのです。

もっとも、手遅れのがんでは意味がないので、がん検診をしっかり受けていくことが何より重要ですね。

2008年5月12日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.knowington.nl/~nobuhiro2/mtos428/mt-tb.cgi/4